ETCで高速道路もスイスイ通過できるクレジットカード

ETCとは、一言で言ってしまうと、有料道路の渋滞の一番の原因となる料金所をスムーズに通過できるためのシステムです。

高速道路や有料道路の料金所でよく見かけますよね。「ETC専用」という文字を。渋滞した料金所につかまってしまう度に、「ああー、ETCを搭載しておけばよかったぁー。。。」と思ったことがある人は多いと思います。

そもそも、渋滞の原因の30%が料金所にあると言われています。料金所で一度停止して、窓を開けて、財布を用意して料金を支払って、お釣りをもらって、窓を閉めて再出発という作業をしなくてはならないので、当然と言えば当然かもしれませんね。

しかし、ETCを搭載すれば、そんな料金所も停止することなく通過できます!

この仕組みは次のようになっています。

まず、車にはETC車載器という小型の機械を設置します。そして、このETC車載器と「ETC専用」と書かれたETCゲートが無線で交信します。

後日、この料金がETCカードに請求されるという仕組みです。

ETCカードはクレジットカード機能を使うため、各クレジットカード会社が発行しています。

ETCカードには2種類あります。ETCシステムを利用することに特化した「ETC専用カード」と一般のクレジットカード機能がセットになった「一体型ETCカード」です。

どうせなら、財布の中のカードを一枚でも少なくできるクレジットカード機能がセットになった「一体型ETCカード」を選びたいですね。車に乗っていない時も使えますからね。

また、ETCカードを持つと、様々な割引を受けることができます。

まず、料金割引です!現金による精算では技術的に難しかった割引サービスが導入されました。

例えば、午前9時から午後5時の間に対象区間の料金所をETCで通過すると、料金が30%offになったりするんですね。これは、かなりお得です。

料金の割引は、利用する有料道路によって様々です。深夜割引や早朝割引などを実施している有料道路もありますので、事前にチェックしておくといいでしょう。

また、ETCカードは使えば使うほどポイントが貯まり、そのポイントを料金支払いに使うことができるので、どう考えてもお得です。

料金所の渋滞に巻き込まれることもなく、料金も安くなりますからね!

その他のETCのメリットとしては、環境に優しいということがあげられます。

高速道路の料金所では、ETCではない有人対応のゲートでは1時間に230台の車が通過できると言われています。

これに対し、ETCゲートでは1時間に800台と約3.5倍の車が通過できます。

料金所の有人対応ゲートでは、1時間に230台もの車が停発車するので、その分の排気ガスも排出されます。

しかし、ETCゲートの登場により、排気ガスが軽減され周辺環境にも貢献し、地球温暖化の抑制にも効果を発揮します。

また、停発車することがないので、ガソリン代の節約にもつながるでしょう。

つまり、有料道路でETCゲートを通過すること自体が、あなたのお財布も地球環境にも省エネということですね。

【オススメのETCカード】

高速人CARD (E-NEXCO pass)
一番オススメの「高速人カードE-NEXCO pass」。なぜなら、貯まったポイントを全国の高速料金に使えるからです。
入会金は無料、年会費も初年度無料、2年目以降も1回でも使えば無料という実質永年年会費無料のようなクレジットカードです。
高速をよく走る人のために作られたようなクレジットカードですね。

JCBドライバーズプラス(ゴールドカード)
1ヶ月のご利用金額に応じてキャッシュバック率が蹴っているするカード。今ならETC車載器が0円でプレゼント!


相互リンク募集中

バルセロナの旅

150万円を低金利で借りる